動脈硬化症

動脈硬化とは

動脈は、心臓から全身に血液を送り出している血管のことで、動脈硬化とは、文字通りこの動脈が硬くなることや、細くなったり、詰まったりすることを指します。かなり進行しても、ほとんどは何の症状も見られませんが、進行とともに心臓に大きな負担がかかるため、高血圧、心肥大、心不全などの心疾患に繋がってしまいます。また、血管の内側にできたプラークが大きくなり、血管が狭く、詰まりやすくなり、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞そして下枝閉塞性動脈硬化症などを引き起こします。

動脈硬化の検査について

当院では、動脈硬化症などを早期発見するために血圧脈波検査装置を設置しております。実際の測定にかかる時間はわずか5分程度で、血圧を測るのと同じくらいお気軽に受けて頂けます。

血圧脈波検査では以下のようなことが分かります。

血管の硬さ
心臓が打つ“ドクンドクン”というリズムは、血管の中を脈波として伝わります。脈波の伝わる速度は血管壁が柔らかいと遅くなり、硬いと早くなります。この原理を利用して血管の硬さを測ります。
血管の狭窄
健康な人の足首血圧は、上腕血圧より高いのが普通ですが、足の動脈が細くなったり、詰まっていたりすると血流が悪くなり、上腕の血圧より低くなります。これを利用して血管が細くなって詰まっていないかどうかを測ります。

このような方は要注意! お早めに検査をお受け下さい。

人間は加齢によって誰にでも「動脈硬化」が起こります。それは食生活や運動不足などの生活習慣が大きく関連しています。以下に該当する方はお早めに検査を受けられることをお勧め致します。

  • 肥満
  • 高血圧症
  • 高コレステロール血症
  • タバコがやめられない
  • 手足に冷感・しびれ感がある