循環器内科

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、動脈硬化症などを拝見致します。胸が痛い、苦しい、どうき、息切れ、めまいなどの症状がありましたら御相談下さい。

狭心症、心筋梗塞について

動脈硬化が進み狭心症・心筋梗塞に至ると死に至る危険性が増します。狭心症の場合は、胸の圧迫感や痛みなど一時的な発作ですむことが多いのですが、進行して心筋梗塞を起こすと激しい痛みに襲われ、最悪の場合には心臓の停止・突然死を招くことがあります。狭心症・心筋梗塞を予防するには、動脈硬化の原因となる高血圧症や糖尿病、高コレステロール血症などにならないようにすることです。オーバーウエイトや過労、過度のストレスを避け、適度な運動と睡眠を心がけるなど、血管に負担をかけないようにしましょう。

不整脈について

心臓の拍動(脈)が速くなったり、遅くなったりして“脈が乱れる”状態を不整脈といいます。また、“脈が異常に速くなるもの”を頻脈性不整脈、“脈が異常に遅くなる”ものを徐脈性不整脈と分類し、重症度により治療が必要となります。原因が分からない特発性の不整脈もありますが、狭心症や心筋梗塞など心筋への血流が障害される虚血性心疾患、心筋細胞自体の異常である心筋症、弁膜症や高血圧などが原因になることもあり、精密検査が必要です。

心不全について

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下し、身体各部の機能を維持するために必要な量の血液を、心臓が送り出すことができなくなった状態です。心筋梗塞、心筋症、弁膜症などの心臓疾患や高血圧、不整脈が心不全の原因となり、また、心臓以外に腎臓、肺、内分泌なども心不全に大きく関係しています。息切れがする、息苦しくなる、手足がむくむといった自覚症状がある場合には心不全が疑われます。

動脈硬化(動脈硬化症)について

動脈をはじめとする血管は、弾力性に富んでいますが、年をとるとともに血管にも老化現象が起こります。弾力性が失われて硬くなったり、内部に様々な物質が沈着して血管の通り道が狭くなり、流れが滞るような状態を「動脈硬化」と言います。また、動脈硬化が起こることが原因で、身体に様々な症状が現れているものを、動脈硬化症といいます。下肢の動脈が細くなったり、閉塞する閉塞性動脈硬化症が有名です。

以下の症状がある場合はお早目に循環器内科を受診されることをお勧め致します。

  • 胸の痛み、圧迫感
  • 脈が飛ぶ、どうき、めまい
  • 動くと息切れする、横になると息苦しい、足がむくむ
  • 長い距離を歩くと足がしびれたり、重くなり、休むとよくなる