睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、SAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれる睡眠中にいびきや呼吸の停止を繰り返す病気で、日中のねむ気・倦怠感など、病気とは気付かないような症状が特徴です。新幹線の運転手による居眠り事件をはじめとして、ここ数年来テレビなどの各メディアでも取り上げられ、社会問題ともなっています。

睡眠時無呼吸症候群は、肥満により上気道へ過剰に脂肪が沈着することが原因の一つとされていますが、遺伝的あるいは後天的に上気道が狭くなっていることに起因して肥満でない方の約30%にも発症しており、誰しもが発症し得る病気であると言えます。睡眠を充分にとっているつもりでも、無呼吸であるために脳や体が休むことができず、昼間の眠気や疲労感が増し、日常生活に影響が出てきます。睡眠時無呼吸症候群特有の眠気により交通事故を誘発するなどの危険はもちろん、無呼吸による低酸素や睡眠が断続的に途切れることのストレスなどの影響から、高血圧や心筋梗塞、脳卒中といった心血管系疾患を引き起こすとも言われており、注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群の検査について

当院では、携帯用睡眠時無呼吸検査装置を使用して検査を行っております。この検査はご自宅で行うことができ、入院の必要はありません。本体は80gと軽量で、鼻、指先、お腹(みぞおち)にセンサーを装着して検査を行います。寝る前に装置をつけてスイッチを入れてからおやすみになり、翌朝起床後にスイッチを切って、装置をお返しいただきます。収集したデータ(呼吸・いびき・SpO2・脈拍数・体位・体動)から、無呼吸・低呼吸の有無や重症度などを確認し、結果をご説明致します。

睡眠時無呼吸症候群の治療について

睡眠時無呼吸症候群の治療にはいくつか種類があります。

1・CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)

最も一般的な治療法としては、睡眠時にCPAP(シーパップ)という機械を使用するものが挙げられます。CPAPによる治療は、睡眠中に鼻マスクを装着し、そこから一定圧で空気を送り込むことで、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぐ方法です。重症の睡眠時無呼吸症候群の治療法の中でも最も有効性が高く、安全かつ確実な方法と言われ、健康保険も適用になります。

2・マウスピース

軽症から中等症の方に適応になります。尚、扁桃腺肥大等、気道の閉塞部位が明らかなケースでは外科手術が必要となる場合がございますが、その場合は適切に大学病院等へのご紹介を致しますので、ご安心下さい。

ご自分でもできる睡眠時無呼吸症候群対策

睡眠時無呼吸症候群は、適切な治療が必要な病気ではありますが、受診前や治療中などに、ご自分でもできる対策があります。

(1)ダイエット

舌や喉の周囲にも余分な脂肪があると上気道が狭くなりやすいので、まずはダイエットで余計な脂肪を落とすところから始めましょう。

(2)横向き睡眠

舌が上気道を塞いでしまうのを防ぐためにできる一番簡単な対策は横向きに寝ることです。仮に真横を向くことができなくても、首や体がすこしでも傾けば上気道に空気が通りやすくなります。

(3)鼻呼吸の習慣

口から息を吸い込むと非常に大量の空気が入ってくることになり、狭くなった上気道を通ろうとした時に喉を振動させていびきが発生します。鼻で呼吸するようにすれば症状はだいぶ変わってくるはずです。

(4)アルコールをひかえる

睡眠時無呼吸の症状が出る人は、アルコールによって筋肉のゆるみが増長され、舌によって上気道がふさがれやすくなるため、アルコールを飲んで寝た時のほうがより症状が悪化します。当院ではこれらの対策をはじめとした生活習慣の改善についても適切なアドバイス・指導を行って参りますので、どうぞお気軽にご相談下さい。